実力を見定めるもの

ITパスポート試験対策の独学に特化した参考書があります。
試験勉強は独学でしていくことも少なくないので、そうした参考となるサポート的なものがあると助かりますよね。

如何に最小の労力に抑えて質の高い学習方法を編み出すのかを学生のみならずに社会人にとっても一つの課題となっているでしょう。
そして、そうしたこれからの世の中に末永く生き続けていくであろうIT文明を担うエンジニアを育成していくのに必要な試験対策に特化した参考書を出版した人達は将来を見据えた先見性があるということです。

参考書は古くの時代から学生の問題回答の手助けなどから、後に資格取得などに併用して活用するであろう社会人までと幅広く使用の年齢層が広くて、人生の手引書のような感覚を思わせていることから、どれだけ多く助けられたのか計り知れません。
それでも問題を解いていく上で飽くまでも行き詰まったときだけに使用するのが原則であって、どうしても解けないときのみ紐解いていくというのが正しい使用方法です。

人は悩んで悩み続けてといった過程で問題解決の光が自分の下に灯されるのです。
ある科学者が研究に行き詰まったときでなかなか答えが見つからなかったのですが、ある日インターバルを挟んで脳を休めたときにふと頭のもやもやした霧が晴れるかのような、あるいは参考書から神様へと姿を変えてお告げをして下さったかのように、解決の糸口が頭の中に浮かんできて見事に問題をクリアしたという体験談があったくらいなので、ぎりぎりまで自分を信じて思考を張り巡らすことに尽力していくことに意義があるのです。

問題解決までのプロセスで自分の考えた理論と参考書に書かれた答えに触れたとき、どこまで自身の理論が通用していたかなどの、答えに行き着くまで考え抜く素晴らしさに気付かされることだと思います。’

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です